■1/100 ガンダムアストレア TYPE-F


まさか1/100で商品化されるとは・・・この調子でダブルオーのセブンソードも出して欲しいですね!
今回はBMCタガネのテストを兼ねて製作しました。
それと表面処理には普段以上に気を配ってみたり、面が多いので効果は良く現れてくれたと思います。
このクオリティを維持しつつ、更に上を目指す感じが今後の目標でしょうか^^






バックビュー
細かい改造の積み重ねで大きな改造はしていません。
それにしてもこのキット出来が良い!






プロポーションの変更は
・首を1mm延長
・肩の軸を削って5mmほど幅詰め
・フロントアーマーの一変更
・爪先を1mm延長

と、こんなものでしょうか。出来るだけキットのバランスを崩さないように注意しました。






ファイスアップ
スモークグレーのマスクで薄っすらと内部が透けるのが素敵!
太陽炉(胸部コンデンサ)は内部をメッキシルバーで、クリアパーツをクリアグリーンで塗装。






フロントアーマーは5mm程上に持ち上げてみました。
ハンドパーツはMGウイングゼロのものにキットの手首カバーを大きさを調整して組み合わせています。






腕部
前腕の肉抜き穴をエポパテで埋め、間接はディテールアップ。






膝アーマー
筋彫り追加。ここはエクシア系のキャンバス。






足首。シャープなエッジと筋彫りを追加。






フロントアーマー裏面
エポパテで埋めてディテール追加。






肩アーマー
一部露出する裏面はエポパテでディテールアップ。






太陽炉。基本工作のみ。






頭部の塗り分けもキッチリと。






リアアーマー。太腿と干渉する部分は薄く削ってシャープに。






リアアーマー裏面
こちらも一度エポパテで埋めてディテールアップ






アンクルガードはダルいモールドが集まっているのでキッチリ筋彫り。






プロトブレード、シールド装備
以下アクションポーズとか。



















































































































































































■製作記



07/06:仮組
黒歴史となりつつあるMGデスティニーと並べて・・・






07/08:仮組終了
磨きながら組んでたら二日も経ってた!






12/05:埋め埋め







リアアーマー。
ペンでアタリを取って薄く加工。






アンクルガード






12/17:頭部
頬宛(?)を設定画を参考に形状変更。






センターアーマー
八角形のパーツが不自然に飛び出していたので修正。






リアアーマー裏面






手首
キットの平手は左右で表情を変えてみました。






膝関節裏の凹みに太めのタガネでスリット追加






爪先はこんな感じに。


■カラーレシピ
(C):クレオス
(G):ガイアカラー
(F):フィニッシャーズ
(T):タミヤ

下地:(G)Ex-ホワイト
薄赤:(F)ファンデーションホワイト+(C)スーパーイタリアンレッド+(G)サンシャインイエロー
濃赤:調合した薄赤に+(C)マルーン+(T)ハルレッド
フレーム:(C)ライトエアグレー+(C)軍艦色2+(C)オレンジ

基本色塗装後に各色にホワイトを加えてグラデーション塗装。
言われないと気付かない程控えめに施しています。
その後クリアレッドでスミ入れ、デカール後に艶消しトップコートで完成。
様子を見ながら調合したので分量など正確な量はわかりません。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO