■MG クロスボーンガンダムX-1フルクロス改造 【スペリオルドラゴンSR(ソーラレイカー)】


ガンプラ王2007東京に参加。
ネタを思いついたのが〆切から丁度一ヶ月前で今までにないスピードで仕上げました。
今思うとよく間に合ったなぁーと自分でもびっくりですw
制作期間中はずっとコイツのこと考えてました。ガンプラって怖いですねぇ('A`;)

○塗装レシピ
メッキ塗装工程:1、スーパーブラック
        2、メッキシルバー
        3、水性ニス木工作用(水性ウレタン)
        4、クリアカラー各種
        5、スーパークリアー(光沢)
内部フレーム:ハルレッド+ブラック(少量

○スミ入れ
本体:シルバー+各クリアカラー
フレーム:ブラウン+ブラック(少量

メッキシルバー使いたさに初めて水性ウレタンを仕様したんですがこれがまた癖のあるマテリアルでかなり苦戦しました。
大人しくファインシルバー使えばよかったな〜と後々後悔することに・・・冒険しすぎたorz




バックビュー
翼はプラ板の積層でスクラッチ。
尻尾はジャンクパーツの塊です。他にも所々ジャンクパーツ使ってるので探してみてくださいw




頭部、胸部アップ
クロスボーンガンダムをゲージにプラ板、アルテコで成形しました。
バルカンの砲身は真鍮パイプで再現。




製作効率を上げるべくジャンクパーツ多様してますけど逆にすり合わせに時間とられたような・・・
違和感なく、どのパーツかバレないように使うのは難しいですね;




フロントスカートはエポパテからのスクラッチです。




脚部
若干ディテールアップしましたが殆どクロスボーンのままです。
膝、アンクルガード、爪先にスペリオルドラゴンの記号を盛り付けたのみ。




左肩。騎士ガンダム
フェイスはSD GジェネのMk-Uのものを加工して配置。
ツインアイは蛍光色で塗装。
ドラゴンの部分はエポパテからのスクラッチです。








右肩。ブラックドラゴン
こちらも形状違いで製作方は左肩同様です。








尻尾

















でかい・・・重い・・・




親羽の基部にはMGフリーダムのものを流用しているのである程度は可動します。




可動範囲もクロスボーンのまま。
ただ全体的に重くて素立ちで精一杯ですが・・・




子羽と装飾は肩に接続。




装飾パージ
クロスボーンのフルクロス基部を使ってます。




外すとこんなかんじ
前腕にカバーと爪を追加しただけで残りは脚部同様クロスボーンのまま。




フォトショやっつけかこー




おまけ・製作記


7/23:地獄の一ヶ月モデリング開始w
MGクロスボーン仮組。非常に格好良い。武器の保持力を除けばorz




7/26:無理矢理全体像を見つけ出す。




頭部やら胸部やらプラ板とアルテコを切った貼った




8/3:一気にここまで。プラ板工作ばっかりで飽きる('A`;)




ドラゴン内部のフェイス。Mk-Uのものを加工しておゆまるで複製。
つか机汚いなぁ・・・




8/8:両肩のドラゴン。
プラ板でゲージを組んでエポパテ盛り。




8/17:本体はほぼ完成。




翼。プラ板の貼り合わせで最高で4mmの厚さ。




翼の装飾。
ひし形のパーツなどもプラ板でゲージを組んでからアルテコで成形。




8/20:全体の工作終了。サフ吹き後。




塗装中。頭部。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO